2017-11

Latest Entries

強風

フィールドオブクラフト倉敷の初日
おてん気もよく7時過ぎ会場に到着

朝から風が吹いています。
以前からこの会場は風が強いと聞いていたので
風対策にと白いビニールシートを持っていきました。

まずはシートで壁を作るのですが
シートは重く、風も強く思うように張れません。
シートがなければ布が飛んでしまうので展示ができない。

でもシートの面が大きく、風を受けるので
思い切り背中を押されるかんじです。
実行委員の方はかえって危ないのでは?と言っていましたが
他に方法もないのでまずは壁を作って様子をみることになりました。

全体に暴風シート(青いネット状)のものが張られていましたが
風は会場を走り抜けていきます。
やっとの思いでシートを張り終えるころにはすでに10時近く

見かねてホームスパンの新藤さんが手伝いにきてくれました。
朝からお客さんはたくさんいます。
私のブースは池の前、建物寄りの一番端っこ

午前中、人垣の中から現れたのは20年ぶりのなつかしい顔でした。
高知出身で短大卒業後Uターン就職したミスズ
私が岡山まで行くと知って駆けつけてくれました。

昔とまったくかわらぬ同級生の姿
先週も会ったような身近なかんじ
とてもうれしい再開でした。

風はどんどん強くなります。
シートで見えぬ裏側でパッターーン
「キャーー」とただならぬ声
大人4人でテントの足をささえています。

シートのおかげかこちらはなんとか展示を続けていますが
ぐるりに下げた布やバッグはこいのぼりのように泳いでいます。
少し気を抜くと小さなきんちゃくやマットは飛ばされて行きます。

午後には背中側のテントはすべて撤退、他の場所に移動して展示となりました。
周りのテントの屋根は全部取り払ってあったので私のところもはがします
じりじりと暑く帽子をかぶりました。

人数は少なかったものの、ワークショップも無事にできました。
倉敷は手紡ぎをしている方も多いようでした。
正面の池では子ども達がじゃぶじゃぶと遊びます。

kurasiki.jpg

にぎわう会場のすぐそばに美観地区
行き帰りに外から見るだけの大原美術館
倉敷の民芸館

風に始まり、風に終る一日
で想像以上にへとへとになりました。
ただこんなすごい風は6年間で初めてということです。
ああ、大当たり・・・













スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

wataco

Author:wataco
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR